社員紹介(新卒)

第2システム部 M.N

会社主催の新人歓迎会にびっくり。
社員を大事にする会社だと実感しています。

入社してすぐに会社主催の歓迎会があったんです。まさか、そんな風に会社全体で迎えてくれるなんて思ってなかったので、ビックリしたし、嬉しかったですね。
なんだかとても社員を大事にする会社なんだと思いましたし、それは今まで勤めてきて実感できてます。
歓迎会の他には月1くらいのペースでチームやグループ単位の懇親会が開かれてますし、社内は本当に和気あいあいとしてますね。

仕事の壁も先輩の応援で乗り越える。頼れる人間関係で不安も解消。

IT系の専門校を出て入社したんですが、入って間もなく、設計書が読めなかったりして、自分の知識不足を痛感したんです。
最初の壁だったと思いますけど、先輩たちが親切に相談に乗ってくれたり、教えてくれたりしたので、かなり救われました。
歓迎会や懇親会は、社員同士のそういう関係を深めるのに役立ってると思いますし、それが強制的に行われてるわけではないのがいいなぁと思いますね。

先輩の姿に憧れる。ヤル気さえあれば、自分も目的の場所へたどり着ける。

元々はプログラムをやりたかったんです、モノを作るということに興味があって。
この会社に決めたのは、規模が大き過ぎないのでフットワークが軽い分、幅広い分野の仕事ができそうだと思ったからです。
入社から3年以上経って、将来的にはSEになりたいと思うようになって来たんですが、この環境はそういう自分にとってとても有効だと思ってます。
というのは、社員の交流が活発なお蔭で、プロジェクトの全体像が把握しやすいんです。

だから例えば自分はプログラムという一部の担当であっても、プロジェクトがどんな風に進行しているかが、ある程度わかるんです。
自分がSEになりたいと思うようになったのは、実際にチームを動かしている先輩の姿に触れたことが大きいですし、
この会社ならヤル気を持って取り組んでいれば、自分の目的とする場所にたどり着けると思えるんです。
新卒とか中途採用ということも全くハンディにはなりませんし、今は目的に向かってスキルアップできることが楽しいですね。

第2システム部 N.K

コンピューター経験はネットサーフィン程度。
それでも研修制度が整っていたので・・・。

4年制大学で美学美術史を専攻していました。当初はその方面に関心があったんですが、具体的に就職を考える中で、
適性や将来性の面からコンピューター関係の会社にも目を向けるようになり、結果的に現在の職場を選びました。
でも、MACでネットサーフィンをするくらいで、コンピューターについての知識なんて殆どなかったんですよ。
それでも、ここで勤めようと思ったのは、研修制度などの指導体制が整っていたことと、コンピューターの世界に興味があったからです。

プロジェクト完了後の大きな充実感が原動力となっています。

入社後はまず2ヶ月間の研修を受けて、プログラミングを覚えました。最初はC言語だったんですが、習得が済むと初心者の私でも無理のないプロジェクトに配属されて、
経理システムの構築に参加しました。無理がないとは言っても不安はありましたし、忙しさは予想以上で、終電で帰ることも少なくありませんでした。
それでも作業に当たった3、4ヶ月を乗り切れたのは、先輩たちのアドバイスのお蔭が大きかったですね。
そうして無事にプロジェクトが終了した時には、何かをやり遂げたという大きな充実感があって本当に嬉しかった。あの気持ちは今も原動力の一つになってますね。

とにかく人を大事にしてくれる会社。女性にも男性にも勤めやすい環境です。

現在はある程度経験も重ねて、この仕事にも慣れてきましたが、スキルアップには終わりがありませんから、知識や情報の収集を怠らないようにしながら、
同時にプロジェクト内のチームワークや、外部とのネットワークを円滑に構築・管理できる人材になりたいと思っています。
家に帰れば2歳の子供がいる母親ですので、家事と仕事の両立は大きなテーマですが、家族が理解してくれるのと同時に、
会社でも産休や育休・復帰後の短縮勤務を認めてもらいましたので、なんとかうまくこなして来られていると思います。

とにかくこの会社の魅力的なところは、人を大事にしてくれる所でしょうね。社員の意見も積極的に汲み上げてくれますし。
ですから、女性にとって勤めやすい環境だと言えるでしょうし、それは男性にとっても同じだと思います。今のところはまだ子供も小さいので、
生活全体に時間的な余裕がありませんが、仕事の効率化を進めることなどで、ゆとりを持てるようにして、
仕事の合間には趣味の書道に向き合えるようにしていきたいなぁと思っています。